teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: WSJT-X Build

 投稿者:Ja2BQX  投稿日:2017年 8月15日(火)22時28分37秒
返信・引用
  > No.1104[元記事へ]

CLMさんへのお返事です。

信号解析はフォートランで書かれていて、他の処理は C++ の様です。
*.cpp , *.h , *.hpp 等が複数あるのでこれらをビルドする為に
QTと言うシステムが作成されているようです。このQTをWeb検索すると説明が幾つか出てきます。

まあ、ボチボチと調べてみます。


 
 

Re: WSJT-X Build

 投稿者:CLM  投稿日:2017年 8月15日(火)20時16分39秒
返信・引用
  > No.1103[元記事へ]

Ja2BQXさんへのお返事です。
こんばんは、
随分と調査が進んだ様ですね。
しかし、これはいったい何というプログラム言語なのでしょうかね?
WSJTグループ専用のプログラム開発言語を使っているのでしょうかね。。。。
私のC++開発レベルは、まだ初級で足踏みしていますよ。
人様が作ったプログラムの解析は、まだ10年早いと思います。(生きていないかも、、)
そんなことで、申し訳ありませんが、お役に立てそうにありません。悪しからず、、、


> JA3CLM さん、こんにちは。
>
> WSJT_Xと、JTDXのコンパイル(ビルド)の件でその分かった事です。
>
> 「JTSDK」と言うのをインストールして JTSDK-QT でDOS窓の様な画面で Build していました。
> 「JTSDK」をインストールすると同時に QtCreator と Designer と言うソフトもインストールされます。
>
> Designer は Form 等の作成・修正用。
> QtCreator は VB2010 や VC++ 等の様な画面構成でソースの修正、デバッグ、ビルドが出来ます。
> 私はまだ実際のデバッグ、ビルドまでは行きませんが...。
> ソースは C++ の様ですので JA3CLM さんならお手の物と思います。
>
> 私はCの基礎の基礎からやらないと手を付けられません。
>
> 画像は必要ファイルが無いエラーが出ています。(ソースはまるまるなのですが)

http://blog.goo.ne.jp/ja3clm

 

WSJT-X Build

 投稿者:Ja2BQX  投稿日:2017年 8月15日(火)14時53分11秒
返信・引用
  > No.1102[元記事へ]

JA3CLM さん、こんにちは。

WSJT_Xと、JTDXのコンパイル(ビルド)の件でその分かった事です。

「JTSDK」と言うのをインストールして JTSDK-QT でDOS窓の様な画面で Build していました。
「JTSDK」をインストールすると同時に QtCreator と Designer と言うソフトもインストールされます。

Designer は Form 等の作成・修正用。
QtCreator は VB2010 や VC++ 等の様な画面構成でソースの修正、デバッグ、ビルドが出来ます。
私はまだ実際のデバッグ、ビルドまでは行きませんが...。
ソースは C++ の様ですので JA3CLM さんならお手の物と思います。

私はCの基礎の基礎からやらないと手を付けられません。

画像は必要ファイルが無いエラーが出ています。(ソースはまるまるなのですが)
 

Re: jt65-hf-hb9hqx-edition

 投稿者:JA2BQX  投稿日:2017年 8月12日(土)20時47分22秒
返信・引用
  > No.1101[元記事へ]

CLMさんへのお返事です。

WSJT_Xと、JTDXのコンパイル(ビルド)は 「JTSDK」と言うのでやる様です。

下記にインストール手順の記載あり。
https://sourceforge.net/projects/jtsdk/files/

私の処でもソースをビルド出来る環境は出来ていますがビルドするには
英語モードに切り替える必要があります。
何回かビルドは成功していますが、単に提供されているソースをビルドするのでは
ビルド済みの配布版EXEを入手しインストールした方が早いですね。

ソースの修正は例えば mainwindow.cpp 、mainwindow.h をメモ帳ででも出来るとか。
Form のウインドウ・デザインは mainwindow.ui が関係している様ですが
こちらはツールがあり画面を見ながらコントロールの追加・配置・変更が出来る様です。
但しソースコード(ソフトの処理部分等の)と連動的には出来ない模様。
私もまだこの辺りの情報は不足しています。

ただ修正・変更してもデバッグ、ビルドし動かして結果を見る迄に数分(10分なのかも)
掛かります。

その点、jt65-hf-hb9hqx-edition は VB2010 と同じ感覚でFormの修正や
ソースコードの修正が出来てデバッグも直ぐに出来て結果も直ぐ分かります。
こちらは Free Pasacl です。



http://www.geocities.jp/ja2bqx/

 

Re: jt65-hf-hb9hqx-edition

 投稿者:CLM  投稿日:2017年 8月12日(土)16時31分21秒
返信・引用
  > No.1100[元記事へ]

JA2BQXさんへのお返事です。
WSJT_Xと、JTDXはリナックスか何か別のプログラムで組まれていると思いますよ。 私もあれこれ試しましたが、どうしても、エディットボックス内のデーターの読み書きができません。
もしも、WSJT_Xで動くようになったら、連絡ください。すぐに使わさせていただきますよ。。。


> CLMさんへのお返事です。
>
> 先の投稿に書いたように「直接」ですので「結局何かのプログラムを1つ動かす」事はありません。

> JTDX , WSJR-X は開発環境が面倒で VB2010 や VC++ 等の様に Form にコントロールを追加したり、ソースを修正したりして直ぐにデバッグと言う訳には行きません。
> 多分、素人には手を付けられないでしょうね。

http://blog.goo.ne.jp/ja3clm

 

Re: jt65-hf-hb9hqx-edition

 投稿者:JA2BQX  投稿日:2017年 8月12日(土)15時32分27秒
返信・引用
  > No.1099[元記事へ]

CLMさんへのお返事です。

先の投稿に書いたように「直接」ですので「結局何かのプログラムを1つ動かす」事はありません。
まあ、ご本尊の「jt65-hf-hb9hqx-edition」を動かさない訳には行きませんが。
これも「何かのプログラムを1つ動かす」には違いありませんがご本尊を動かさなければ何も出来ませんから。

> JA2BQXさんへのお返事です。
> こんばんは
> 今年はコンディションが悪くて、SSBとかCWでのDXが難しいから、皆さんはノイズ以下の信号でも交信できるJT-65に興味が移ってしまいましたね。 更に私のブログにも書いたとおり、FT8モードも急速に普及していますね。

> JT_LINKERを介せず、ハムログにデーターが送れるそうですが、結局何かのプログラムを1つ動かすのには変わりないのですよね。。

>お作りになられたプログラムのメリットはどんなのがあるのでしょうか?具体的にご紹介いただければ検討してみます。

ですから「JT_LINKERを介せず」...です。

> しかし、私は、WSJT_Xを使っています。あるいはJTDXを使います。 JT65-HFは使っていませんが、これでも同様に動きますか?


JTDX , WSJR-X は開発環境が面倒で VB2010 や VC++ 等の様に Form にコントロールを追加したり、ソースを修正したりして直ぐにデバッグと言う訳には行きません。
多分、素人には手を付けられないでしょうね。

動作テストは複数の方にしてもらいOKでした。

高木さんには用が無さそうですね、失礼しました。

http://www.geocities.jp/ja2bqx/

 

Re: jt65-hf-hb9hqx-edition

 投稿者:CLM  投稿日:2017年 8月11日(金)20時42分24秒
返信・引用
  > No.1098[元記事へ]

JA2BQXさんへのお返事です。
こんばんは
今年はコンディションが悪くて、SSBとかCWでのDXが難しいから、皆さんはノイズ以下の信号でも交信できるJT-65に興味が移ってしまいましたね。 更に私のブログにも書いたとおり、FT8モードも急速に普及していますね。
JT_LINKERを介せず、ハムログにデーターが送れるそうですが、結局何かのプログラムを1つ動かすのには変わりないのですよね。。 お作りになられたプログラムのメリットはどんなのがあるのでしょうか?具体的にご紹介いただければ検討してみます。
しかし、私は、WSJT_Xを使っています。あるいはJTDXを使います。 JT65-HFは使っていませんが、これでも同様に動きますか?

http://blog.goo.ne.jp/ja3clm

 

jt65-hf-hb9hqx-edition

 投稿者:JA2BQX  投稿日:2017年 8月11日(金)19時34分6秒
返信・引用
  こんばんは。
皆さんはJT65関係はFT8の WSJT-X に関心がある様ですね。

jt65-hf-hb9hqx-edition JA2BQX 版を作成しましたがテストをしてくれる方が少ないです。

JT_Linker 等のソフトを介せずに jt65-hf-hb9hqx-edition  から直接 Hamlog に
QSOデータ転送をします。現在の設定のLog記録 + アルファ ( Hamlog ) です。

http://www.geocities.jp/ja2bqx/JT65/JT65.html

お時間があればテストしてレポートをお願い出来れば幸いです。

http://www.geocities.jp/ja2bqx/

 

Re: パーソナルコンピューターコントロールソフトウェア PCC-3000

 投稿者:CLM  投稿日:2017年 7月 4日(火)11時41分10秒
返信・引用
  > No.1096[元記事へ]

JN3MXT/3岩見さんへのお返事です。

> パーソナルコンピューターコントロールソフトウェア PCC-3000
>
情報を有難うございました。 このPCC-3000のことは全く知りませんでした。
便利そうな予感がしますが、問題もありそうです。 それは、
JT-65等のディジタルモードを運用中は、ディジタルモードのソフトが、FTDX3000にコマンドを送って周波数をセットしたり読み込んだり、あるいはPTT制御も行います。
FTDX3000はUSB接続の仮想コムポートを選択するかRS232C端子を選択するか二者択一です。
従い、ディジタルモード運用中は、PCC-3000のソフトと同時には動かせません。
但し、DSCWとか単にSSB運用などであれば、問題なく使えそうですね。
 

パーソナルコンピューターコントロールソフトウェア PCC-3000

 投稿者:JN3MXT/3岩見  投稿日:2017年 7月 4日(火)10時44分56秒
返信・引用
  パーソナルコンピューターコントロールソフトウェア PCC-3000

PCC(Personal Computer Control)-3000 は、FT DX 3000シリーズのHF/50MHz 通信機を
パソコン 上でコントロールするソフトウェアです。

▼PCC-3000 を使用するための必要な環境
・ USB 端子*またはRS-232C 端子のあるパソコン
・ 対応するオペレーティング・システム
Microsoft® Windows® 8
Microsoft® Windows® 7
Microsoft® Windows Vista®
Microsoft® Windows® XP
・ ソフトウエアインストール用に 30MB 以上の空き容量のあるハードディスク
・ それぞれのオペレーティング・システムで推奨されている容量以上のメモリー
・ 1024 x 768 の画面解像度 (XGA)、256 色以上をサポートするビデオカードと
ディスプレイを推奨

*USBケーブルで接続するにはパソコンにあらかじめFTDX3000仮想COMポートドライバーの
インストールが必要です。

▼使用上のご注意
この ソフトウェアおよびマニュアルの著作権は、八重洲無線にあります。このソフトウェアおよびマニュアルの一部または全部を無断で複製または譲渡することは禁じられています。八重洲無線は、このソフトウェアおよびマニュアルの内容に関し、特許権、特許を受ける権利、著作権、商標権、実用新案権、意匠権またはその他の権利を有する場合があります。八重洲無線は、八重洲無線の登録商標です。また、記載されている会社名は、各社の商標または登録商標です。

なお、本PCCで、FT DX 3000シリーズをコントロールさせる場合は、あらかじめFTDX3000 アップデート情報を参照の上、ファームウエアのバージョンが最新の物であることを確認の上、ご利用ください。

【警告】
このプログラムは、著作権法および国際条約によって保護されています。このソフトウェアおよびマニュアルの一部または全部を無断で複製または譲渡することは禁じられています。

http://www.yaesu-wdxc.com/ol/ftdx3000/index.aspx

 

レンタル掲示板
/91