teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/47 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

C型鋼は単なる床板受け

 投稿者:西郷  投稿日:2017年 9月29日(金)16時09分58秒
  通報 返信・引用
  上村さん
西郷です
C型鋼は補強とは無関係と解りました。
私は前オーナーがC型鋼を取り外し、別にFRPの補強をしているので、
C型鋼は補強と思い込んでいました。
BW倶楽部のメンバーが同じ思いで補強について船大工に相談したところ、
その船大工がBW33について知っていて、これは補強では無く、
単なる、床板の受け。受けを固定するのにバラストナットを利用しているだけ。
と言われ、綺麗にサンダーを掛け塗装したそうです。

何でも過剰なくらい頑丈に出来ているBW33のバラスト廻りの補強が、
脆弱なC型鋼とは変だと思っていましたが、これで疑問が解決しました。
情報が遅くなりましたが、間に合いましたか。

私の艇のエンジンは3GMで、エンジンルームを前へ少し出っ張らして収容してます。
あちこちに、声を掛け、3気筒の中古のエンジンを探してはどうでしょうか。
結構、出物があると思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/47 《前のページ | 次のページ》
/47